FC2ブログ
Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

好き

すごく刺激的な日記を紹介しますね♪

デジカフェで見つけました♪

久しぶりに残業が無く、早い時間に帰って来れた。熱めのシャワーを浴び、お気に入りのパジャマに着替え、ベッドに寝転んで携帯を弄る。受信トレイに達也からのメールが3通。見た途端にシャワーですっきりした気分が落ち込んで、溜息が出ちゃう。
 二人で温泉旅行に行ってから2週間。後ろめたさや煩わしさ、色んな気持ちを自分の中で整理出来なくて、ずっと達也と会わないままでいる。何度も「会いたい」ってメールを貰って、その度に「仕事が忙しい」って断って。「俺より仕事が大事なのか?」みたいなこと言われると、「会おう」が「やろう」に見えて来ちゃう。付き合い始めはこんな気持ちにならなかったんだけどなぁ…。
 アドレス帳には「良かったら連絡して」って佐伯さんが教えてくれた携番とメルアド。何度も眺めてるけど、まだ連絡したことは無い。佐伯さん ―旅先の宿で知り合って、達也が眠っている間にしちゃった相手。あの時はなんていうかその場の勢いだったけど、日常に戻ってみるとさすがに自分から連絡するのは躊躇われて…。
 でも…比べちゃ悪いとは思うんだけど、達也のSEXとは全然違って、すっごく良かったんだよね。ゆっくり焦らすように、あたしの胸を触る佐伯さんの大きくてゴツゴツした手……。思い出しながらパジャマの上着を捲り上げて、乳房をそっと触る。
 佐伯さんがしてくれたみたいに、周りの方からそっと…そっと…。乳首がすぐにツンと尖ってくる。あの夜以来、身体が敏感になってるみたい。毎晩、あの時のことを思い出してオナニーしちゃう。硬くなった乳首をすぐには触らないで、柔らかく乳房を揉んでみる。
『やぁん…早くぅ…』
 想像の中の佐伯さんに、胸を突き出してねだる。
『早くって、何を?』
 意地悪く、あたしの瞳を覗き込んで佐伯さんが言う。
『おっぱぃ…触って……もっとぉ…』
 佐伯さんのやらしい瞳。妄想してるだけで、ジュン…ってあそこが濡れて来ちゃう。自分で焦らしてられなくなって乳首をきゅって片手で摘んで。
「ぁ…んっ…」
 一応、隣の部屋に聞こえたりしないように、声は抑えてる…つもり。そんなに壁の薄いマンションとも思えないけど、隣は男子学生だったと思うし。
 ベッドサイドの引き出しから、通販で買ったバイブを取り出す。左右の乳首をコリコリって順番に弄りながら、バイブを唇に近づけて先端にたっぷり唾液を絡める。
 佐伯さんがあたしの口の中に、太いあれを押し込んで来る…のを想像。
『ほら、入れて欲しい?ちゃんとしゃぶってごらん?』
 厭らしく、舌を突き出し、ぴちゃっぴちゃって音を立てて、佐伯さんの太いモノをしゃぶるあたし。
『理香子は淫乱だなぁ…。そんなにこれが欲しい?』
 深く咥えこみながら、あたしは佐伯さんの顔を見上げてコクコクって頷く。
 想像してたら、たまらなくなって来て、乳首を触ってた指はアソコへと移動。
 パジャマのズボンと、ショーツを一緒に脱いじゃう。
 用意しておいたバスタオルをお尻の下に敷いて。
 中指の先で、そっと花びらを撫でると、
「ぁぁ……」
 それだけで溜息が出ちゃう。もう、びしょ濡れなの。
 佐伯さんとしたい。また、佐伯さんに縛られて、明るいところでアソコにキスされて、指を入れられて、バイブも入れられて、やらしい言葉で虐められて…。記憶と妄想が入り混じって来る。
 足を開き、膝を立てて。指先でアソコを叩くようにすると、ぴちゃぴちゃって湿った音が響く。濡れた指先でクリトリスを転がす。
「ん…ぁぅ…」
 咥えてる佐伯さんのモノ(ほんとはバイブだけど)に舌を絡ませ、強く吸い上げながら、アソコに中指を挿し込んでいく。
「ぁ………ん…」
 腰を動かしながら、中指をゆっくりと出し入れ。膣壁のざらざらってしたところを擦って。
『や……指じゃなくて…佐伯さんのが欲しいの…』
 指の出し入れを早めると、くちゅくちゅと音がする。
『俺の…何が欲しいの?』
『ぁん…意地悪しないで…』
 想像の中で、佐伯さんに焦らされながら、指を抜き、バイブのスイッチを入れて、入り口へ宛がって。小さな振動が花びらとクリに伝わって、それだけでイっちゃいそう…。
『入れて…佐伯さんの…チンポ…』
 あたしが、やらしい言葉を言うと、佐伯さんがくすっと笑う。
『どこに?』
 分かりすぎるくらい分かっているのに、わざと聞かれて。
『ぁんっ……理香子の…おま○こにぃ……』
 答えると、とぷんって溢れてくる。
 あたしが、やらしい答えを言うとすぐに、佐伯さんは半分くらい入れてくれる。
「ぁぁ…ぁぁぁ…」
 震えるバイブを少し挿入すると、腰が浮いて、浮いた腰の下にあたしは枕を入れる。
 少しだけ挿入してると、奥の方が切なく疼いて、蕩けて、蜜がとろとろと溢れてくるのが分かる。
『いや…奥まで…入れて…』
 腰を浮かせておねだりする。
『こう?』
 脳内の佐伯さんが腰を突き出すのと同時に、バイブをもう少し押し込む。くちゅぅって蜜が溢れる音がして、やらしくてそれだけでイっちゃいそう。
『ぁんっ…もっと…お願い…』
 腰が自然に動いちゃって…もぉ我慢しきれなくて、ぐっと奥まで入れて、スイッチも強にしちゃう。バイブは奥の方を抉るように振動しながらグリグリ動く。一番奥の、佐伯さんが教えてくれたすごく感じるとこに当たって…。もうひとつ付いている突起は、クリに当たってブルブル震えてるから、
「ぁ…ぁんっ…ぁぁ…ぁはぁぁぁ…」
 両脚を伸ばして突っ張って、バイブを夢中で出し入れして、
「感じる…ぁん…いぃの…佐伯さん…」
 身体がびくんと仰け反って、アソコがひくひく痙攣する。
「はぁぁ…イっちゃぅ…佐伯さん…イっちゃうぅ…」
 身体の奥で、蜜がどっと溢れる。震える膣壁がきゅぅぅぅってバイブを締め付ける。佐伯さんの名前を呼んで、落ちて行くのに似た感覚を覚えながら、あたしの頭の中は真っ白になっていく。

 しばらくの間、眠っていたのかもしれない。インターフォンの音が遠く聞こえた。
 こんな時間にぃ……ドアスコープから覗くと、ドアの前に立っていたのは達也。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

category
未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。